巖谷國士 - Kunio Iwaya -

1943年、東京生まれ。日本のフランス文学者で明治学院大学文学部名誉教授、文芸・美術・映画批評家、エッセイスト、紀行作家・旅行写真家、メルヘン作家、講演家。フランス文学者としての専門領域は、第1に、作家アンドレ・ブルトンや画家マックス・エルンスト、マン・レイなどを中心とする20世紀のシュルレアリスムの文学・美術・写真・映画と、その国際的・歴史的展開。それらについて多くの研究書・解説書・翻訳書を発表している。
第2に、 シャルル・フーリエを中心とする18‐19世紀のユートピア思想・オカルト思想、第3に、シャルル・ペローを中心とする17‐18世紀の昔話・メルヘンで、これらの方面の著書・訳書も多い。
批評家・エッセイスト・講演家としての活動は、文学、美術、映画、写真、漫画、メルヘンのほか、旅、都市、庭園、温泉、食物などの領域にわたり、さまざまな著書がある。
近年では創作メルヘンも発表しており、専門・批評書やエッセー集のほか、展覧会の監修やカタログの編集・執筆、また芸術・文化・地域などについての講演の仕事がふえている。

iwayakunio.JPG