藤野一友 - Kazutomo Fujino -

1928年、東京生まれ。画家を志して慶應義塾大学を中退し、文化学院大学部美術科に入学。村井正誠に学んだ。在学中の1951年には仁科展に初入選し、以後仁科会の画家として、キャリアを積んでいく。1950年代の読売アンデパンダン展に出品を続ける。また瀧口修造の紹介で、タケミヤ画廊で初めて本格的な個展を開き(1954年)、以後数回の個展を開く。装丁、挿絵、舞台美術などにも携わる。他にも同人誌に、小説や詩を発表したり、劇の台本や演出、映画制作をしたりと、その活動は多彩であったが1965年病に倒れ、右半身が不随となり、以後長い闘病生活にもついに再起を果たす事なく、1980年51才で没した。また藤野は、中川彩子の名前で、SM雑誌やエロ小説等に官能的なイラストを描いている。

藤野一友hp.jpg