四谷シモン - Shimon Yotsuya -

1944年、東京生まれ。1956年、この頃より粘土やぬいぐるみの人形を作りはじめる。
60年代、新宿のジャズ喫茶に出入りして、金子國義、コシノジュンコらを知る。ジャズの女性歌手ニーナ・シモンが好きだったことから、シモンが通り名となる。大岡山の古本屋で宇野亞喜良表紙の雑誌『新婦人』に遭遇。そこでハンス・ベルメールの人形写真を見て、強い衝撃を受ける。その後すぐに自宅に戻り、部屋にあった人形と材料をすべて捨てる。1968年、新宿・花園神社の状況劇場・紅テント公演「由比正雪」に出演。<四谷シモン>の芸名を名乗る。1972年、新宿・紀伊国屋画廊で、「ドイツの少年」を中心にして、朝倉俊博、有田泰而、石元泰博、加納典明、沢渡朔、篠山紀信、十文字美信、細江英公、宮崎皓一、森田一朗の若手写真家10人が撮影したシモンの肖像写真をならべた展覧会「10人の写真家による被写体四谷シモン展ーー引力のまたたき」を開催。1975年エッセー集『シモンのシモン』(イザラ書房)出版。1978年、原宿に人形学校「エコール・ド・シモン」開校。

四谷シモンhp.jpg