飯村隆彦 - Takahiko Iimura -

1937年、東京生まれ。日本の実験映画の草分けの一人である飯村隆彦は、1960年代にハプニングのオノ・ヨーコ、画家の赤瀬川原平、作曲家の小杉武久、暗黒舞踏の土方巽らの前衛芸術家の協力もあって、 8ミリや16ミリの前衛映画を個人で制作し、ギャラリ−やホ−ルでゲリラ的に自主上映活動を行なった。大林宣彦、高林陽一、ドナルド・リチ−、石崎浩一郎らと実験映画集団「フィルム・アンデパンダン」を1964年に結成し、東京の紀伊国屋ホ−ルで日本の個人映画史上最初の実験映画祭を行なった。1965年、オノ・ヨーコの音楽による実験映画「LOVE」がニューヨークの実験映画のリーダー、ジョナス・メカスによって「ビレッジ・ボイス」紙上で高く評価され、ニューヨークにデビューした。1966年にはハ−バ−ド大学国際セミナ−(ディレクター:キッシンジャー博士)に招待されて渡米1973年、ドイツアカデミ−の招きで、1年間ベルリンに滞在、キネマテ−クやベルリン芸術アカデミ−で個展上映、74年にはパリのシネマテ−クやポンピドウ・センタ−などでも個展上映を行なった。ニュ−ヨ−クでは1974年に近代美術館、79年にはホイットニ−美術館で個展とパフォ−マンスを行なって、個人映画作家として、国際的に評価された。 1989年には、ニュ−ヨ−クのメトロポリタン美術館の委嘱により日本の芸術に特有な「間」を竜安寺の石庭に再発見する『Ma: Space/Time In The Garden Of Ryoan-Ji 』を建築家の磯崎新、 作曲家の小杉武久の協力を得て制作、モントリオ−ル映画祭、ユネスコ美術映画祭(「建築賞」を受賞)などで上映された。

飯村隆彦.jpg