野中ユリ - Yuri Nonaka -

1938年、東京生まれ。都立駒場高校卒業。芸術的な家庭環境もあって早熟な自覚を得、15歳頃の時「私は画家だ」と自分で決めて出発。1953年頃から銅版画を始めている。1年程、関野準一郎の主宰する銅版画の研究所で研修、また駒井哲郎にも多くを学ぶが、それ以外には正規の美術学校には入らず独学であった。
また、この頃から銅版画と同時に、コラージュの制作も始めている。17〜8歳の頃、最大の師である瀧口修造の知遇を得、1957年その推薦をうけて、瀧口氏企画のグループ展「銅版画展」(タケミヤ画廊)に出品。同年「第1回東京国際版画ビエンナーレ展」(国立近代美術館)にも出品した。以後、1959年の第1回個展「銅版画」をはじめとして、今日まで十数回の個展を軸に活動。「パリ青年ビエンナーレ」、「現代日本美術展」、「東京国際美術展」などの美術館や画廊の企画展にも数多く出品している。野中ユリの技法は、銅版画、平板、印刷版画、デカルコマニー、コラージュ、パステル、油彩、タブロオ・コラージュ、オブジェなど多岐にわたる上に、書籍の装丁、新聞・雑誌・単行本の挿画でも優れた才能を発揮して、熱烈なファンを生み出している。

nonaka yuri 1.jpg