大月 雄二郎

posted in: Uncategorized | 0

1948年神戸生まれ。
1969年に状況劇場に入団。71年に退く。
その頃より銅版画に興味を抱き、山本六三により手解きを受ける。
1972年に渡仏し、同地で池田満寿夫に出会いドライポイント技法を習う。
その後、作家ロラン・トポールと親交が始まり多大な影響を受ける。同年の銅版画展以来、東京・パリをはじめアメリカ・ベルギー・モナコ・トルコなどで個展・美術サロンに出品。
2011年、フランスに於ける芸術勲章シュヴァリエを受勲。