合田 佐和子

posted in: Uncategorized | 0

1940年、高知市生まれ。
1959年武蔵野美術学校に入学。
65年にデビュー、71年に油彩を始め80年以降は、ポラロイド、パステル、鉛筆、写真、ビデオ、エッチングを発表。
唐十郎主宰の劇団状況劇場・唐組、寺山修司主宰の天井桟敷の宣伝・舞台美術などに参加。
幼少よりガラクタ収集癖があり、瀧口修造のすすめでオブジェを制作。
合田佐和子の描く世界は、実存、実物描写でない。実風景、実映像と自分の胎内にあるイメージ感と眼玉から発する映像が合致した時に、自分の描きたい世界を掴むのである。
レンズを通して虹を覗いたような、不思議な幻想世界へといざなうような作品である。2003年に松濤美術館にて回顧展。